日本財団助成事業「聴覚障害に関わる支援人材育成を目的とした遠隔手話教育システムの構築」
手話サポーター養成プロジェクト室

人材育成

学生の声


教育学部 障害児教育専攻(卒業生)
橋本 朱音

私が手話サポーター養成プロジェクト室の講義を受講しようと思ったキッカケは、手話の語彙を増やしたいと思ったことと表現力を身につけたかったからです。これらの講義では、本やテキストだけでは学ぶことのできない生きた手話を学ぶことができました。また、手話だけでなくろう文化について学ぶこともあり、ろう者にとって分かりやすい表現について考える機会にもなりました。また、手話から日本語に直す練習もあり、聴者にとって分かりやすい日本語についても多く考えることもできました。知的障害を併せもつろう者や盲ろう者と出会う機会もあり、かかわり方や支援方法を学ぶことができました。
私は現在、知的障害特別支援学校で働いています。表情を大事にしたり、伝えたい言葉を端的に伝えたりと学んだことが仕事に活きています。また、聴者とろう者が自分の言葉で伝え合うお手伝いができたらいいなと強く想い続けています。 



教育学部 障害児教育専攻(卒業生)
神塚 香朱美

聴覚障害教育D・Eの盲ろう者支援の講義を受けました。私は個人的にアメリカに研修参加し、盲ろう者に会ったことから、盲ろう者支援に興味があり、受講しました。
講義を受講し、基本的な盲ろう者の知識、制度だけでなく、実際に盲ろう者と会い、外へ出て実習など非常に充実した講義でした。
講義で終わるだけでなく、学んだことを生かして、地域の盲ろう団体のイベントに参加したり、さらに知識を付けていきたいです。



教育学部 障害児教育専攻(卒業生)
江原 汐音

私は大学に入って初めてろう者と出会い、日本手話の文法やろう文化等に触れました。最初はろう講師の方の言っていることが文字情報なしでは分からず、初めて“伝わらない”という経験をし、そこからろう者と話ができるように手話を学びたいと思いました。日常会話程度の手話ができるようになってから手話通訳としてのスキルを学ぶための講義が始まり、日本語と日本手話の文法の違いを体系的に学びました。言語の違いを意識するとかえって翻訳がうまくいかないこともありましたが、プロジェクト室の先生方にアドバイスをいただきながら徐々にそのスキルを身に付けていけたと感じています。この丁寧な指導や気軽に相談できる環境があったからこそ、手話通訳者全国統一試験に合格できました。また、手話通訳のスキルだけでなく、手話での絵本の読み聞かせ方や算数の問題の提示の仕方、国語の文章の読み方などの内容が組み込まれた講義もあり、将来教育現場に出る学生のことを考慮されていて普段からボランティア等でろう児と関わっていた私にとってはすぐに実践できる内容でした。今後は大学院にて手話スキルを活かして聴覚障害教育について研究を進め、いずれは教育現場に身を置きたいと考えております。



教育学部 障害児教育専攻(卒業生)
竹花 音葉

私は大学に入って初めて手話に出会いました。全くの初心者で「難しそう…」と不安もありましたが、実際に先生や仲間とやりとりをして練習をするうちに、手話で話すことの楽しさや通じ合える喜びを知ることができました。
2から4年生の手話通訳や手話を使用した指導法の講義では、実際の講義に入っての訳出練習など様々な課題に取り組んできました。決して簡単ではないですが、手話通訳や聴覚障害のお子さんに対して授業を行うために必要なスキルをたくさん身に付けることができる、大変充実した講義でした。学んだことは今後聴覚障害のお子さんと関わる際に活かしていきたいです。
また、4年次の盲ろう者支援の講義では指点字や移動介助の方法をなどを学び、実際に盲ろうの方と触手話や指点字でお話をしたり、バスに乗って買い物に行ったり本当に貴重な経験ができました。今後もつるの会のイベントに参加するなど、積極的に活動していきたいです。
この4年間、手話を通して学んできた伝え合うことの楽しさや大切さは、今後教員になってからも障害種問わず全ての子どもたちに伝えていきたいです。



教育学部 障害児教育専攻
黛 美沙樹

 1年生~3年生まで手話を学びました。文法を学んだり、日常会話の練習をしたり、通訳の練習などしてきました。学び始めた時は全然会話もできませんでしたが、手話を学んだことで、ろう者の先生方とたくさんお話ができるようになり、とても楽しいです。また、バイト先にいらっしゃったろう者の方と、少しだけ会話ができるようにもなりました!将来は特別支援学校の教員を目指しているため、聾学校に配属された時など、児童生徒とたくさんコミュニケーションをとれるように、学んだ手話のスキルを生かしたいと思います!


教育学部 障害児教育専攻
吉田 桃花

「手話は言語である」ということで、まずは文法から学び始めました。同級生と一緒に講義を受講して学んだため、講義内外で手話を使っての会話をすることが多かったです。日常的に手話が思わず出てしまう…なんてことも多々ありました。
通訳できるようになることを目指しつつ、まずは聾の方々とも楽しく話せることを目標に、継続して学んでいきたいです。



教育学部 障害児教育専攻
飯沼 優

手話の講義では、ろう者の先生と手話で会話をしながら実践的に勉強できるので、楽しみながら上達することができ、また、手話の言語としての奥深さを知ることもできました。将来は、この講義で学んだことを活かし、特別支援学校の教員として、手話を駆使して、児童、生徒の成長に貢献できるようになりたいと考えています。



教育学部 障害児教育専攻
嶋田 伶南

手話を学び始めた頃はただ楽しいという気持ちだけでした。しかし、手話が日本語と異なる文法、リズムをもつこと、表現することの難しさを知り、手話が言語であることを強く実感するようになりました。今後は、手話を通してコミュニケーションをとり、相手の気持ちが理解できる人間になりたいです。 



共同教育学部 特別支援教育専攻
齋藤 玄志

日本手話は手の動きだけでなく、顔のパーツも動かして表情で文章を表す、日本語とは少し異なった言語であると感じます。「桃太郎」の物語を登場人物になりきって表したことが特に印象に残っています。教師として子どもと接する時や、地域の方々と交流する時など、多様な場面で手話を用いていきたいです。



理工学部 機械知能システム理工学科
青山 颯

大学で学ぶ手話は「日本手話」で、私が主に話す「対応手話」とは別の言語だったので、興味津々で学べました。日本手話は手指動作だけでなく、顔の位置や表情も重要な文法要素のひとつなので、手話の面白さを実感でき、ろう者として誇りに思えるようになりました。また、共に学ぶ大学生の聴者と手話で会話する機会を作っていただいたおかげで、交流を通じて、手話のできる聴者の友達がたくさん作れて、いい思い出になりました 。



ろう学校現職教員
中村 悦子

最初に手話単語を覚える、音声や手話の短文を即座に通訳するといった基礎的な内容に始まり、非手指動作と呼ばれるNM表現や頷きなどの専門的な内容まで幅広く学べました。毎回いくつかの構文をシャドーイングし、他の受講生の手話表現を見ながらよかった点を確認し合うなどお互いに学び合う経験もできました。ろうの先生による読み取り課題もあり、実践的な学習も盛りだくさんです。
現場に戻ってからも指さしや空間を使った表現ができるようになったことや、手話だけでなく表情など体全体で表す様子を読み取る大切さを学んだことで子どもたちとのコミュニケーションがスムーズになりました。職場での通訳業務を担当する機会も増え、大学で学んだことを生かしながら、手話技術の向上に励んでいます。