日本財団助成事業「聴覚障害に関わる支援人材育成を目的とした遠隔手話教育システムの構築」
手話サポーター養成プロジェクト室

人材育成

手話教育の特色

【特色1】第二言語として学ぶ日本手話

 日本手話は、日本語とは異なる独自の言語構造を持つ自然言語です。幼少時から手話でコミュニケーションをとる環境で育ってきた聞こえない子どもや大人の中には、日本手話を母語/第一言語とする人たちがいます。生まれつき聞こえない人は、たとえ補聴器や人工内耳で音を補ったとしても、聞こえる人たちのように自然に日本語の読み書きを習得することが困難です。
 人間と動物の違いは、思考する言語を有していることにあります。人間らしく生きるためには、自由に繰ることができる言語が必要不可欠です。群馬大学では、日本手話の言語マイノリティである聞こえない人々の学び、労働、社会生活等を支える人材を養成しています。日本語を母語/第一言語とする人にとって、日本手話学習は、第二言語(※)として新しい言語を学ぶことに他なりません。決してたやすい道のりではありませんが、あなたの使用言語に日本手話を加えることにチャレンジしてみませんか。

※第二言語とはその人が母語/第一言語を習得した後に、改めて学習し使用することができるようになった母語/第一言語以外の言語を言います。



【特色2】音声言語の第二言語習得理論や外国語教授法を取り入れた指導

 通常、日本に生まれて、日本語の環境で育ってきた人は、日本語を「読む」「書く」「聞く」「話す」ことに全く苦労しません。第一言語は、生まれつき障害があるなど、特別な場合を除いて、ほぼすべての人が流暢な母語話者となります。ところが、第二言語となると、それなりに学習時間をとっていても、なかなか母語話者並みにはなりません。これは手話言語も同様です。
 私たちは、週数時間程度の学習で、日本手話を流暢に使えるようになるにはどのような指導や学習が効果的なのか問い続けています。第二言語習得研究は、言語学、心理学、脳科学、教育学など多くの専門領域が関わる学際的分野ですが、近年は、第二言語のインプットからアウトプットに至るまでの言語処理の観点にたって学習メカニズムを捉え、教育的介入の方法をいろいろ操作することで言語学習のプロセスにどのような影響をもたらすのか検証しようとする認知的アプローチが注目されています。言語学習では、目標言語(※)のインプット/アウトプットにおいて、特定の言語形式、誤り、習得不十分な知識などに注意を向ける「気づき」が大切です。学習者が、メタ言語知識の定着につながる「気づき」を得て、その蓄積の中で学習が活性化され、最終的には、言語規則を強く意識することなく、流暢に目標言語を運用できるようにするため、第二言語習得理論に基づいた様々な外国語教授法が提案されています。
 ところが、第二言語としての手話言語習得研究は、世界的に見てもごくわずかしか行われていません。そのため、音声言語における第二言語習得理論や外国語教授法を応用しつつ、視覚-身体動作モダリティを使用するという手話言語の特性に合った指導法を実践的に試みています。

※目標言語とは、学習しようとする言語のことを指します。



【特色3】音声言語の通訳理論を取り入れた指導

 群馬大学では、日本手話の言語運用能力の4つの要素(文法的能力、社会言語的能力、談話的能力、方略的能力)をバランス良く兼ね備えることを目標とし、手話通訳士、各都道府県登録手話通訳者の資格取得を目指すことができるようにプログラムを組んでいます。その中で取り入れているのが、音声言語の通訳訓練法である、ディクテーション、シャドーイング、リプロダクション、サマライジング、クイックレスポンス、サイト・トランスレーションなどを応用した手話通訳演習です。受講生の日本手話の学習進度と、通訳の作業プロセスにおける課題を複合的に評価しながら、1人1人に合った訓練法を提案しています。



【特色4】日本手話ネイティブのろう者教員と手話通訳資格を有する聴者教員の協働による指導

群馬大学では、日本手話の習得から高度な手話通訳の訓練まで、すべての学習段階で日本手話ネイティブの表出・訳出表現をモデルとしています。特に授業で素材として扱う手話通訳の訳出や手話スピーチの表現においては、日本手話を第一言語とするろう者教員、日本語を第一言語とする聴者教員が協働し、日本手話と日本語の言語社会文化的観点も含めたモデル表現の検討に多くの時間を割いています。
 そして、教員スタッフ自身が、聞こえる/聞こえないに関わらず、ろう文化と聴文化のはざまで、異文化ギャップやコンフリクトを日々体験し、協働へと昇華させていくことを繰り返しています。この中で、日本手話と日本語の言語表現の違い、ろう者と聴者のものごとの受け止め方や考え方の違いに対する気づきを深め、ただ手話ができるだけではない、ろう者を理解できる支援者としての人材育成の指導に活かしています。



【特色5】高等教育段階にある成人の学習者像に基づいたカリキュラム設定

高等教育の段階から日本手話を学び始めようとするみなさんは、すでに日本語を母語として獲得し、また英語等を第二言語として学習してきた経験を持っているというアドバンテージがあります。群馬大学では、これを最大限に活かし、母語(日本語)で身につけた概念や言語表現を、第二言語(日本手話)ではどのような言語形式・表現で表すのか(言語規則)を分析的に学習するスタイルをとっています。また、青年・成人期の日本手話学習者は、母語でさまざまな事象や知識、心のひだを語れる言語運用力を有しています。そのため、できるだけ早期に言語規則を知識として一通り学習し、平易な文や会話だけでなく、母語で語るような高度な内容を練習や実践で取り扱うようにして、新しい言語習得に対するモチベーションを高めるようにしています。



【特色6】学習者の分析とカリキュラム・マネジメント

日本手話学習者にとってCL(Classifier:類辞)やRS(Referential Shift:レファレンシャル・シフト)の習得が難しいことはよく知られていますが、日本手話のさまざまな言語規則について、学習者がどのような順序で習得していくのか(習得しやすい/しにくい文法項目は何か)は、よくわかっていません。そのため、群馬大学の手話教育では、日本手話学習者の手話表現における誤りを、「その時点における学習者の習得状態を映し出す鏡」であると捉え、授業内外で学習者が表出する手話表現の誤りを丁寧に分析し把握するようにしています。そして、なぜその文法項目や表現が適切に使われないのか、第二言語習得理論に基づき、その原因に対する仮説を立てて、原因仮説に応じた指導方法/内容を、次の授業に反映させていくというPDCAサイクルをとっています。
 また、日本手話や手話通訳のスキルが無理なく高められるように、授業当日の内容についてステップをふんでいくと誰にでもできるように設計された反転学習を宿題に取り入れています。



【特色7】効果的なオンライン授業の開発

 コロナ禍により、高等教育機関では2020年度春から一気に授業のオンライン化が進みました。私たちは、「学びの質は落とさない」を合言葉に、立体視ができない二次元映像の弱点をカバーする教材や、鮮明で途切れのない手話モデル映像、詳細に記された資料の視聴手段を確保するとともに、授業では、第二言語学習に不可欠なアクティブラーニングや演習・実技を効果的に行えるように、手話の授業に最適化したWeb会議ツールの使用方法を開発してきました。これからも私たちは、「オンラインだからこそ、より深く日本手話が身についた」と言っていただけることを目指して開発を続けていきます。



日本手話習得

「言語としての日本手話」(ⅠA・ⅠB)(ⅡA・ⅡB)、「手話とろう文化」の授業の一部は、公開講座として受講体験することができます。


「言語としての日本手話」(ⅠA・ⅠB)(ⅡA・ⅡB)の授業で使用している手話テキストです。
やってみよう日本手話① 試作版ver.2(2/2
※ファイルにはパスワードをかけております。詳細については、手話サポーター養成プロジェクト室までお問合せください。
 Mail:SLSDP[at]jimu.gunma-u.ac.jp(手話サポーター養成プロジェクト室) 
 [at]は、半角アットマークに置き換えてください。



「言語としての日本手話」(ⅠA・ⅠB)(ⅡA・ⅡB)

1.授業の概要と対象者

日本手話の基本的な文法と構文を習得し、社会生活全般の話題について、日本手話でコミュニケーションする力を深めます。授業は演習形式で、ペアワーク、ロールプレイ、プロジェクト学習など、日本手話のやりとりを必要とする言語活動が中心です。ろう児・者とスムーズに意思疎通を図ることができる程度の日本手話を身につけたい学習者向けの授業です。 



2.学習の到達目標

・日本手話で、社会生活全般を話題にした会話ができるようになる(全国手話検定試験2級相当)
・日本手話の基本語彙1,500語を習得する
・聴覚障害者を始めとする配慮の必要な人々とのコミュニケーションにおける基本姿勢を身につける


3.どんなふうにして日本手話を学ぶの?

1)「理解可能なインプット」を大量に得られるようにするための土台づくり

言語形式
(form)

文法、語彙、発音、形態など「どのように」言葉を使うのか

意味内容
(meaning)

話題となるトピック、テーマ、メッセージなど「何を」伝えているのか

言語機能
(funtion)

コンテクスト、状況、タスク、使用目的など「いつ」「どこで」「何のために」言葉を使うのか

第二言語習得に成功する条件の1つとして、「理解可能なインプット」(comprehensible input)を大量に取り入れることが大切です。全く勉強したことのない外国語を耳にしても、単なるヒトの音声としか認識できません。ある程度理解ができるインプットであって初めて、理解ができていない部分の「言語形式」「意味内容」「言語機能」に注意を向け、言語として学習することができるようになります。  
そのため、1年目の日本手話学習では、「理解可能なインプット」を十分に得られるようにするための土台づくりに力を入れています。

①目で「聴く」ことに慣れる
手話言語は、目で「聴き」、顔や身体を使って「話す」言語です。ほとんどの人にとって、視覚−身体動作モダリティを使用する言語を学習するのは初めてのことになります。手話の「音韻」意識を育て、手指表現と非手指表現(顔の表情、頭部や肩の動き、身体の向きなど)両方の言語的要素を同時に読みとることに慣れていけるように、学習者の言語レベルに合わせて、学習者にとって理解しやすいインプットとなるようにすることを心がけています。

②日本手話の文法や構文を学ぶ
学習の初期段階で集中的に日本手話の文法や構文について学びます。日本手話の文法や構文について解説するときには、手話に読みとり通訳をつけることで、母語/第一言語である日本語で、その文法項目について深く理論的な理解できるようにしています。また、「否定文を作るとき、日本語では『〜ナイ』をつければよいけれど、日本手話では、意思の否定、存在の否定、可能性の否定など、否定する内容によって表現が異なる」というように、日本手話と日本語の文法的相違を分析的に学習します。
学習する文法項目については、「言語としての日本手話IA」のシラバスにある授業スケジュールをご参照ください。

③日本手話の語彙を増やす
日本手話の文法や構文をしっかり理解していても、語彙力が不十分では日本手話を見てもどんなことを話しているのか理解することができません。授業で使用する語彙を中心に、毎週約50語ずつ宿題として手話単語を学習していきます。 

2)使える日本手話にするための「アウトプット」の重視
「語彙も文法も知っているはずなのに、いざ話そうとすると出てこない…」というのは第二言語学習でよくあることです。知識として知っている日本手話から、コミュニケーションとして使える日本手話にしていくために、学習者自身がアウトプットする活動を重視しています。このアウトプットとは、「何をどのように言おうか」と考えなければならない状況下において日本手話で「話す」ことであり、与えられた文を日本手話で表現したり、教師の手話表出に追随していくといった表出練習ではありません。インフォメーションギャップ(情報格差)、チョイス(選択権)、フィードバック(反応)の要素を含む言語活動が必要となるタスク(課題)を達成していく過程で、自身の言語知識の穴に気づいて理解を強化していったり、言語知識を無意識的に使う力(自動化)を高めていくことができます。 

3)言語形式・意味内容・言語機能を結びつけて日本手話を使えるようにする
言語習得とは、言語形式・意味内容・言語機能の結びつき(form-meaning-funtion connection)の学習です。第二言語習得の成功の鍵は、「理解可能なインプットを大量に得ること」「アウトプットを十分に行うこと」の2つであると述べてきましたが、このインプットとアウトプットを通じて、言語形式・意味内容・言語機能の3つの要素を結びつけて、日本手話を運用できるようにしていく必要があります。
日本手話の文法や構文について体系的に学ぶこと(構造シラバス)は、成人の学習者にとって日本手話習得の学習期間を短縮させうる可能性を有しているのですが、一方で、そのような言語形式における知識があるだけでは、どういう状況でその文型を使用すればよいかわからない、ということになってしまいます。そのため、学んだ言語形式を、意味のある伝達活動の中で使用することで(概念・機能シラバス)、言語形式・意味内容・言語機能に関する言語知識を結びつけて日本手話のコミュニケーション能力を高めていくようにします。 

4)母語/第一言語で語ることを日本手話でも語れるようにしていく
成人の第二言語学習者は、様々な物事の概念や知識、そしてそれらを表現する語彙を母語/第一言語を通して身につけています。それらの概念や伝えたい意味内容を、日本手話ではどのように表現するのか、ということを学べばよいわけですから、日本手話の音韻意識や視覚-空間的言語構造の感覚が育ってきたら、複雑な概念を取り扱うトピックスも取り入れていきます。例えば、「自動車は文明の利器か?」というテーマでディベートを行ったり、ろう大学生の就職活動に関する手話エピソードを見て、障害者の就労に関する法的制度や実際に事業者が行っている合理的配慮を調べて、ろう者に必要なキャリア支援について議論をするといった活動を授業の中で行っています。


「手話とろう文化」

ろう者の言語である「日本手話」の実技指導を通して初歩レベルの会話を手話で表現できるようにするとともに、ろう者の考え方や行動様式を「ろう文化」という異文化理解の視点で捉えていくことで、身体状況、言語、文化の異なる者の多文化共生社会のあり方について見識を深めます。
「日本手話に少しふれてみたい」「簡単な会話程度の日本手話が使えるようになりたい」といった、初歩レベルの日本手話(全国手話検定試験4級相当)を学びたい学習者向けの授業です。 



「手話と情報アクセシビリティ」

ろう者の言語である「日本手話」の実技指導を通して初歩レベルの会話を手話で表現できるようにするとともに、聴覚障害に関わる情報アクセシビリティの課題を理解し、多文化共生社会のあり方について見識を深めます。また、「障害」を「個人の疾病や特性に起因するもの」ではなく、「社会や人との関係性の中で構築されるもの」と捉え直すことで、「障害」のある人とない人とが共に生きる社会のあり方について自分なりの考えを深めます。
「日本手話に少しふれてみたい」「簡単な会話程度の日本手話が使えるようになりたい」といった、初歩レベルの日本手話(全国手話検定試験4級相当)を学びたい学習者向けの授業です。 



日本手話スキル向上

「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(I・II・III)、「聴覚障害児の心理特論」の授業の一部は、公開講座として受講体験することができます。


「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(I・II・III)

1.授業の概要

「言語としての日本手話」(IA・IB・ⅡA・ⅡB)での学習をさらに発展させ、日本語から日本手話、日本手話から日本語への通訳トレーニング、プロジェクト学習、プレゼンテーション活動を通して、教育場面を中心とした日本手話の言語スキルとコミュニケーションスキルを高めていきます。
「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)の授業は、厚生労働省手話通訳者養成基礎・応用・実践課程に相当しています。

2.学習の到達目標

・日本手話から日本語、日本語から日本手話への通訳において、情報を正確に伝えるための構文選択や文法使用、言語特性を考慮したわかりやすい表現方法を考えることができる。
・日本手話の基本語彙3,500語を習得する。
・ろう児・者の教育を含む社会生活全般に関わる場面の談話について、日本手話から日本語、日本語から日本手話に同時通訳ができる(厚生労働省手話通訳者養成カリキュラム実践課程修了相当)
・教育を中心に、福祉・医療・就労等の場面における談話の通訳に必要な知識(ろう児・者がよく利用する教育・福祉サービスの制度と内容、サービス利用に関わる諸問題など)を身につける
・ろう児・者へのコミュニケーション支援としての手段、人と人のコミュニケーションを通訳でつなぐ手段であることを意識した手話の使い方ができる

3.どんなふうにして日本手話を学ぶの?

言語運用能力は、文法的能力(grammatical competence)、社会言語的能力(sociolinguistic competence)、談話能力(discouse competence)、方略的能力(strategic competence)の4つの要素から成り立っています。これらの要素の1つ1つを高めるだけでなく、4つの要素が統合されていくように学習を進めていきます。

文法的能力

音声、語彙、構文、文法などの言語知識
→言語運用能力の基礎

社会言語的能力

その言語を使う社会の暗黙ルール、目的や相手、場面、状況に応じて表現を使い分ける能力

談話的能力

ひとまとまりの談話を、一貫性と結束性をもって表出する能力

方略的能力

聞き取れなかった(読み取れなかった)時、言いたいことを言えないと単語や表現が思いつかない時などの対応能力


1)日本手話ネイティブの手話表現と日本語表現の比較分析的学習
第二言語としての日本手話学習者や手話通訳者の手話表現には、母語/第一言語である日本語の負の転移(cross-linguistic influence)が多くみられます。例えば、バスに乗ってから財布がないことに気づいたという内容を伝えたいとき、日本手話では、腰をおろしてから財布がないと気づくまでの一連の行動や、財布がないことに気づいたときのショックの感情が、RS(referential shift)表現で語られます。一方、日本語には、そのような文法規則がありませんので、/バス 乗る 後 財布 ない 気づく/と、「バスに乗った後で財布がないことに気づいたのです」という日本語の文の語順に沿って手話単語で表出しようとしてしまいます。意味さえ通じればコミュニケーションとして成立してしまうこと、ろう者がコードスイッチング(言語の切り替え)をして相手の日本語に合わせてしまうこともあって、日本手話学習者や手話通訳者は、このような母語からの負の転移に気づかないまま、手話を表出していることが少なくありません。
そのため、授業の中で取り扱う日本手話表現は、日本語から日本手話への訳出も含めて、日本手話ネイティブのろう者のものをモデルとして使用しています。良い日本手話のモデルを用いることで、日本手話と日本語の言語形式・意味内容・言語機能の違いを深く理解し、適切な訳出を行う力、日本手話を運用する力を高めることができます。

2)反転授業による段階的学習と理解のための下地づくり
授業では、各回で与えられた素材文について、日本語から日本手話、日本手話から日本語への翻訳・逐次通訳・同時通訳を行いながら学んでいきますが、扱う素材文は、だんだんと長くなり、内容的にも複雑なトピックスに変わっていきます。日本手話のスキルが不十分な状態であると、理解できる手話単語を頼りに、手話を読み取ったり、表現したりすることで精一杯となってしまい、言語形式・意味内容・意味機能に注意を向けることができなくなってしまいます。
そこで、授業で扱う素材文については、手話で語られている内容について、(1)新しい語彙を学習する、(2)大意をつかむ、(3)翻訳をする、という3ステップに分けた事前課題に取り組みます。自分のペースで、手話を何回も繰り返しみて課題に取り組む過程で、ボトムアップ、トップダウン双方の認知処理プロセスを経て意味をしっかりと理解し、顔の表情や身体の動きに含まれる文法にも注意を向けることができるようになります。
授業前日には、素材文について、日本語文と、日本手話への訳出の際に、言語形式・意味内容・意味機能の観点から留意すべきことを記した資料が配布されます。まず、日本語文の解答と照らし合わせて、自分が読みとれていなかった手話表現の部分をチェックします。次に、日本手話訳出における留意ポイントが、日本手話の訳出の中でどのように表現されているのか、動画をみて学習します。
授業当日は、日本語文を見て、学習者自ら日本手話に訳出する演習を行います。顔の表情や身体の動きに含まれる文法やプロソディに注意しながら、教師と一緒に訳出表現を練習していきます。
このように反転授業を行うことで、言語形式・意味内容・意味機能における日本手話と日本語の違いを深く理解できる下地を作ったうえで、授業に臨めるようにしています。

3)通訳訓練法を取り入れた学習
言語通訳は、起点言語のテクストを(見)聞きして内容と意図を理解し、それを記憶したあと、目標言語で意味をなすメッセージとして再構築・再表現するというプロセスをたどります。すなわち、言語通訳をするには、起点言語、目標言語双方について、かなり高い言語運用能力が必要となります。


さまざまな難易度、ジャンルのトピックスの素材文を訳してみることで、学習者は自身の日本手話の言語知識の「穴」を埋めて、言語運用力を高めていくことができます。
また、第二言語として日本手話を流暢に使えるというのは、言語知識を無意識的に使う力(自動化)が高いということです。母語/第一言語である日本語を聞く・書く・読む・話すとき、いちいち文法を意識することはありませんし、一語ずつ区切って意味を考えてつないでいくこともしません。日本手話の理解や表出においても自動化を高めていけるように、言語処理プロセスに一定条件の負荷をかけることができる、ディクテーション、シャドーイング、リプロダクション、サマライジング、クイックレスポンス、サイト・トランスレーションといった音声言語の通訳訓練法を応用して学習に取り入れています。

4)内容言語統合型学習(CLIL)
「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)の授業では、本物感(Aucenticity)のある素材を使用し、日本手話を使いながら学び、学びながら使うことに重点をおく内容言語統合型学習(CLIL:Content and Language Integrated Learning)を取り入れています。例えば、「小学校低学年段階のろう児の言語発達の特徴を把握し、子どもにとって理解可能な伝え方を知る」というテーマで、各自、ろう児が手話でやりとりしている映像を見たり、関連講義で学んだ聴覚障害児の発達に関する知識を振り返ったあと、グループごとに、新型コロナウィルスの感染の流れと予防について、設定された対象学年のろう児向けにスライド資料や寸劇などを折込みながら手話でお話をする、というプレゼンを行います。この学習活動には、Content、Cognition、Communicaition、Cultureという、CLILの特色である4Cが含まれています。 


「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)の受講者は、大学卒業後、学んだ日本手話を最も多く活用する場面として聴覚特別支援学校の教育現場が想定されています。言語能力は、場面への依存度が高く生活場面での会話を中心とした生活言語能力(BICS:Basic Interpersonal Communication Skills)と、認知的負荷が高く抽象的な言語操作を可能とする学習言語能力(CALP:Cognitive Academic Language Skills)に分けることができますが、教科学習に必要とされるのは学習言語能力であり、教師の日本手話スキルは、ろう児の学習言語能力を育てることができるレベルのものでなくてはなりません。「日本手話と日本語の違いを学ぶ」(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)のCLILでは、母語/第一言語である日本語も活用しながら、日本手話を使って学習活動を行うことで、教科指導が可能なレベルの日本手話を身につけていきます。


手話通訳の資格取得を目指す学生への指導

手話通訳士、各地方自治体の登録手話通訳者の資格取得を目指す学生向けに、実技試験対策を兼ねた指導を行っています。通訳練習には、資格認定試験で出題された過去問や、習得不十分な言語知識を含む素材を用います。指導では、1人1人の学生について、手話通訳スキルの伸び悩みの背景要因を、「日本手話の理解と表出のスムーズさ」「通訳内容に関する知識(世界知識)」「通訳に関する宣言的知識(※1)と手続き的知識(※2)」の観点から探り、弱点を克服するための学習内容やトレーニング方法を、個別に提案していきます。

※1 宣言的知識:事実や原理、概念などに関する知識で、言語化して説明することが可能なものが多い。例:手話通訳者の職業倫理
※2 手続き的知識:やり方(procedure)に関する知識で、身体で覚えているものが多い。例:「日本語を聞いて理解する」「日本手話に訳出する」を同時に行うことを可能にする注意配分の割合。