お知らせ

event

2019年2月16日(土)群馬大学 公開講座「手話で学ぶろう者学」開催のお知らせ

2015年に群馬県手話言語条例と前橋市手話言語条例が制定されました。県と市の両方で手話言語条例が制定されたのは全国初です。手話言語条例では手話を「独自の体系を持つ言語」と規定しており、その理解と普及を目的としています。また、群馬県手話言語条例では「手話に関する調査研究の推進」(第15条)も盛り込まれており、群馬大学としても、手話に関する学術的成果を発信していきたいと考え、本講座を企画しました。 
本講座では、講師自らが手話で講義を行うことで、聾者自身が直接手話で学ぶ機会を提供します。
なお、本講座は日本財団助成事業「学術手話通訳に対応した通訳者の養成」の一環として実施するものです。

【日時】2019年2月16日(土) 12:20~17:30(開場 11:50)
【会場】群馬大学荒牧キャンパス 教育学部C棟204教室(〒371-8510 群馬県前橋市荒牧町4丁目2番地) ※駐車場有り
【主催】国立大学法人 群馬大学
【共催・後援】(共催)群馬県聴覚障害者連盟  (後援)群馬県、前橋市
【助成】日本財団
【募集人数】人数制限なし
【対象者】手話によるコミュニケーションが可能な人
【スケジュール】
 ●「 アイデンティティ再構築から考える『ろう・難聴者のこころの健康』」(12:20~13:50)
   講師:群馬大学 教育学部 研究員 甲斐 更紗
 ●「先天性盲ろう者がファンタジーを理解するためには?」(14:10~15:40)
   講師:筑波技術大学大学院 技術科学研究科 森 敦史
 ●「ろう・難聴とLGBTの複合的アイデンティティ」(16:00~17:30)
   講師:群馬大学 学生支援センター 産学官連携研究員 川端 伸哉
【参加費】無料
【託児について】当日は臨時の託児所を開設いたします。詳細につきましては本学ホームページをご覧下さい。
【申込期限】2019年1月28日(月)
【お申込方法】こちらの公開講座は事前申込制となっております。本学ホームページよりお申込み下さい。
       ※受付は締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございます。

◆告知動画(Youtube)◆